ドル円102円台前半

ついに今月10日に100円台に突入したドル円。その日のうちに101円台に突入に突入し、現在102円台で推移しています。

昨年末から右肩上がりの円相場グラフをよく見かけます。ぐいぐい円安方向に動いているグラフを見ているとFX投資など為替の変動で利益がでる投資などは簡単に稼げるのではないかと思ってしまいがちです。

しかし、このグラフを目を凝らしてよく見てみると、少し下がっては大きく上がるを繰り返しています。

FX取引は簡単そうに見えて奥深く、少しの時間で稼げることもあれば、逆に少しの時間で大損することもあります。

そう、このグラフでわずかに見える少し下がっている部分でも、そのタイミングで投資してしまえば資金が大きく減ってしまうこともあるのです。

特に「この時期に始めてしまえ!」といって始めてしまうような素人投資家であればそんな損を被ってしまうことも多々あります。

もし、この時期にFXを始めようと思っているなら、しっかりと知識を頭に入れて、急がずじっくりと始めましょう。

選挙で相場乱高下?

民主党・野田総理のいきなりの解散発言から2日後に解散し、さらに発言から一週間が過ぎました。

解散総選挙が決まり、為替相場は、いきなり円高から円安に振れました。
これは、解散総選挙となれば、次期政権が自民党を中心とした安倍政権になると市場が予測したからだと思います。

何故かと言うと安倍政権は、政権奪還をしたらデフレ脱却のために大胆な金融緩和をすると主張しているからです。

この先、12月16日に行われる選挙までの間、政権の行方について様々な話題が飛び交うことでしょう。その状況によって為替相場も乱高下を繰り返す可能性があります。

特にFXなど、為替相場を相手に投資をされている方は振り回されないように気を付けなければいけませんね。