2015年のモバイル市場はどうなる

いよいよ新しい年が始まりました。
昨年はそれほど大きな変化がなかったモバイル市場。
今年はいったいどんな展開が待っているのでしょうか。

まず昨年からの流れですが格安スマホの人気が上がっており、
これまでガラケーを使っていた中年層まで市場が拡大しています。
格安スマホ市場は現在Yモバイルの独占市場となっていますが、
今後は大手キャリアの他にも多くの企業が参入する見通しです。
例えば年末に一部で報道された郵便局での格安スマホ販売や、
JAグループでの販売など新しい販売ルートが確立されそうです。
これによって高齢者が一気にスマホへ乗換える動きが期待されます。

そうなれば今後増えてきそうなのが高齢者向けのスマホサービス。
例えばLINEなど便利な無料通話アプリも高齢者には使いづらい。
もっと簡単に使えるアプリが出てくるのは間違いないでしょう。
さらにはスカイプなどのビデオ通話を使った医療相談など、
高齢者のためのサービスはいくらでもありそうです。
まだ新年になったばかりですが、
2015年のモバイル市場がどうなるのか楽しみです。