女性特有のニキビの原因

生理前にニキビができる女性はよくいます。
女性なら誰しも生理周期というものがあり、
生理開始から排卵までに分泌されるホルモンを卵胞ホルモンといいます。
これは妊娠の準備期間となり、この期間は卵胞ホルモンが優位です。

また、排卵がおきると卵胞ホルモンにかわって黄体ホルモンが優位となります。
一定期間過ぎても受精卵が着床しなければはがれて外へ出ます。
これが通常の生理のしくみです。卵胞ホルモンは肌を乾燥させ、皮脂分泌を増やすので、
にきびができやすい、またはできていた人はますます増えることとなってしまうのです。

でも生理前に限ってニキビができやすい女性は月経前症候群の可能性が高いといいます。
生理前のニキビの特徴としてたいていの人は生理が終わるころには治ってきます。

それは、肌の代謝を高める作用のある卵胞ホルモンがまた活発になるからです。
生理前に限ってニキビができやすい人は、生理前2週間前くらいから脂っぽい食事は控えてビタミン類を多く摂取するといいでしょう。特にビタミンCの摂取はニキビ予防に有効です。

もちろん、普段から肌に対する心遣いも重要です。保湿に気をつけて肌が乾燥しないようにすることや、脂っぽいからといって顔を洗いすぎるとかえって肌が乾燥してニキビが悪化する原因となるので注意しましょう。