カードローンの審査に落ちてしまったら次にどうすれば良いの?

カードローンの審査に落ちてしまった時には、すぐに次を申込みせずに一旦冷静になって原因を探ってからチャレンジする必要があります。なぜなら、何度も複数の金融業者へ申込みして審査を受けても、他社が審査に落としたことを既に貸金業者は知っているからです。審査落ちした理由を貸金業者は答えてくれませんが、個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行えば、ある程度ヒントが得られます。

銀行カードローンならば全銀協、信販会社や消費者金融ならばCICに対して信用情報開示請求を行うことで、金融業者が何を参考にして審査落ちの結果を出したのかが分かります。本人ならば所定の手続きを行うことで閲覧が出来るので、一度確認してみると良いです。

よくあるパターンとして、他社からの借入がある状態で金融業者へ新たな申込みを行った際に、他社に届け出ている勤務先名を更新していないために現在の勤務先と一致しない点が挙げられます。

いざという時に勤務先へ貸金業者は連絡を入れなければならないことがありますが、勤務先を変更した事実を隠したまま他社と取引をしている人を信用できるか疑問です。

また、申込先金融業者が消費者金融や信販会社の場合には、貸金業法に定められた総量規制の適用を受けるので、他社を含めた借入総額が他社に届け出ている年収の1/3を超える可能性があれば審査に通りません。個人信用情報機関へ信用情報開示請求をするだけで、ある程度審査落ちの理由を判断出来るわけです。

お金を借りる時に審査に通らない!必要な対策とは